やった!!

今日、自分の仕事がほめられました!!!

嬉しくて久しぶりにブログを書いてみた。

こんな日は、ゆっくり休もうっと。

パントーンは必須!!

先日入ったお仕事は、海外のお取引先。

いろいろと打ち合わせしながら、着々と進んでいったのですが、

PANTONE(パントーン)」での色指定の指示が!

パントーンは世界中で使われている色見本で、言わば世界共通カラー。

海外とのお仕事では、このパントーンで色の指定をされることがよくあるそうなのですが、

国内のお仕事が多い我が社では、パントーンの色見本帳がない!

でも、とにかく必要なので、先方にどの色見本帳をお使いか聞いて、

同じものをパントーンの通販専門店で買いました。

急いでるんです!とお願いするまでもなく、

午前中に注文して、即日配達していただいて翌日届きました!

とてもありがたいです。

届いたパントーンの色見本帳を見てみると、1000以上の色が掲載されています。

すごい。何だか良いアイデアが浮かびそう。

見てるだけで楽しいのですが、これを使ってしっかり仕事しなければいけませんね。

2_10

毎日が勉強ですね。

デザインのために、私が暇な時にしていること。

その1→色んな方のブログを見る

最近のブロガーさんは本当に素晴らしい!

毎日のコーディネートなんて、勉強になることばかりです。

もちろん、有名芸能人やモデルさんのブログもチェックしています。

皆さんのコーディネートを見ながら、

「このジャケットには、こういうスカートも似合うんじゃないかな」

というようなアイデアが出て来て楽しいです。

その2→街で歩いている人を観察する

街中で歩いている人のファッションもとても参考になります。

ビジネスを抜きにして、これが流行っていて、こういった色合いが好まれているというのを

自分の目で見ることが大切だと思っています。

カフェに入ってもついつい窓際に座ったり、オープンテラスのカフェを選んで

街ゆく人を観察しています。

benkyou

デザイナーの仕事は、日々勉強!ですね。

良いデザインが出来るように頑張ります。

神様~~~!!

デザイン画地獄に陥り、先輩にも急かされ

新しいデザインなんて出来ないよ…とグズグズ言いながら寝た昨日。

なぜか布団に入ってしばらくしたら、急にデザインが思い浮かびました。

その時、夜中の2時。

時々あるんです。夜中に突然デザインが浮かんでくること。

そして机に向かい一気に描き上げ、気づいた時には朝でした。

次々に沸き起こってくるアイデアを今書き留めておかないと

一度寝て起きたら忘れちゃうんじゃないかと夢中だったんです。

その描き上げたデザイン数、ざっと20枚。

仕事中に描いたのも合わせて60枚。

約半分が夜中に降って湧いたアイデアで完成しました。

そして、選出されたのはその中から8割が夜中に描いたものでした。

アイデアの神様。降りてくるなら夜中じゃなくて仕事中にしてください!

450-2009121122344152232

デザイナーはおしゃれ!!

ファッションデザイナーというお仕事をしていると、

周りにオシャレな人が多い。

全身手を抜かずキレイにしている方がとにかくたくさん。

そんな周りに刺激された私は、ネイルを始めました。

先輩に紹介されたネイルサロンに先日行ってみました。

ジェルネイルをサロンでしてもらうと、何だか女子力が上がった気分になるんです。

はがれにくいし、可愛いしジェルネイルって素敵!

外すのにサロンに行くのが面倒なんじゃ…と思っていたけどそうでもなく。

むしろ色んなカラーのネイルが載っているカタログを見ると、良い刺激になってデザインも思い浮かびますね。

季節感のあるネイルをする先輩の真似をして、私もそうしようかと思っています。

季節によってネイルの色合いを変える。

ファッションと同じですね。

ようやく!!

最近ようやくデザインをさせてもらえるようになりました。

今日はデザイン画描きに大忙しです。

なかなか難しい。

良いデザインが思い浮かばず、集中力が切れてしまいました…。

そんな時は、コーヒー休憩と共に

雑誌を読んだり、ネットで何か良いのないかなぁと検索したり。

無駄に上を向いてぼーっとすることもあります。

先輩には「サボってる?」と言われますけどね。考えてるだけなのに心外です。

ヤケクソで描いたデザイン画はたいていボツです。

デザイン画地獄と言った先輩がいましたが、まさにその言葉の通り。

描いても描いても納得出来ない!納得してもらえない!

思いつくままに描いてみようかな。

そのうち良いアイデアが浮かぶかもしれませんよね!

 n4xlxnf4cvgdtk6l71m2

デザイン画の後には仕様書、生地決めとたくさんの作業が待っているので

とにかく頑張ります!

デザイナーを目指すきっかけ

小さい頃から、ファッションデザイナーに憧れてた私。 女の子たちが可愛い!と言って着てくれるような服を、自分でデザインするんだ! とずーっと言っていました。 親は耳にタコが出来るくらいその夢を聞かされたらしい…。 そんな私がデザインをかきはじめたのが小学生ぐらい。 先日、実家に帰省した時に母親が見せてくれました。 大量のスケッチブックを残していてくれたそうです。 おもちゃよりもスケッチブックとクレヨンをねだるから、安上がりな子だったわ~ですって。 この頃はドレスやワンピースをデザインしている絵が多いですね。 小学生ってこんなに上手に絵がかけるんだ…と自分のことながら関心。 なぜか毎回女の子がお花を持っています。 ヒラヒラした長いスカートにお花を持つ女の子。 幼い私の中の可愛い女の子の条件は、花嫁さんだったんだろうか…。

main_default